お問い合わせ

きぼうの光

きぼうの光(きぼうのひかり)KIBONOHIKARI

離核で甘酸バランスの良い、ネクタリン風の晩生の黄桃最新品種です。

  • 新発売品種
  • 生産販売権取得

海外持出禁止(公示(農水省HP)参照)
自家用栽培向け増殖禁止です。

熟期 栽培性 受粉
晩生 やや易 不要
おはつ桃台
1年特苗

3,300

おはつ桃台
1年上苗

3,080

来歴
福島県の高橋忠吉氏が「ゆめかおり」の自然交雑実生を交配育成し、現在種苗法品種登録出願中の晩生の黄桃最新品種である。
果実
果重は280g~330gの大果で、果形は円形、果皮は黄色で核周囲の着色は少なく、果肉も黄色である。糖度は13~15度位で、酸味は中位で、ネクタリンのような食味である。肉質は硬く、果汁は中位で日持ちが良い。これまでの育成経過から、せん孔細菌病には強いと思われる。
熟期
福島市では、8月中下旬頃と思われる。
樹性
樹姿、樹勢共に中位、花粉は多く結実良好である。

新発売品種一覧にもどる

苗木の購入方法はこちら

お問い合わせ・
カタログ請求はこちら